子育て時間に感じた限界 自然体験や世代交流に魅力

画像:東京からUターン 五十崎 良さん

東京からUターン
五十崎 良さん

 5年前に東京からUターンした宇部則貞郵便局局長の五十崎良さん。第1子の誕生を機に「伸び伸びとした環境で子どもを育てたい」と考えたからだ。

 当時住んでいた品川の家賃相場は、1LDKで月15万円。さらに駐車場代も4万円掛かった。認可保育園は待機児童問題が発生し、無認可園に預けると1人あたり10万円が必要と聞いた。3人の子どもを望んでいた五十崎家では、大都会での子育ての未来予想図は描けなかった。

 働いていたコンサルタント会社は、帰宅するのが毎日午前0時を過ぎ、土・日曜日もなかなか休みが取れなかった。2歳年下の妻・礼さんの実家がある郊外の八王子市から通うことも考えたが、片道1時間半の通勤を毎日繰り返すことは、やはり育児の時間が確保できないと思った。

 高校までを宇部で過ごし、大学から東京へ。「大都会での生活は楽しかったし、いろいろな経験もさせてもらった」と振り返る。しかし、子育ては別問題。現在は、実家近くに一軒家を借りて生活。移住空間は東京時代の3倍の広さとなったが、家賃は半分程度。3人のわが子は、家の中を自由に遊び回る。

 休日には、歩いていけるほどの距離にある恩田運動公園やときわ公園にも出掛ける。「ホウホウ」とサルの鳴き声をまねする息子たちの姿を見た時、自然を五感で吸収してくれていることにうれしさがこみ上げた。

 昨年の6月には、生後9ヵ月の三男の急病で、琴芝町二丁目の休日・夜間救急診療所を受診した。土曜日の夜遅くだったが、医療機関の連携と適切な処置で回復し、元気に過ごしてくれている。医療の充実を実感した。 縁が無い土地での生活に不安を抱いていた礼さんも、子育てサークルですぐにたくさんの友人をつくり、楽しく生活しているという。仕事をしたいという希望もかなえた。

「東京では豊かさをお金で買うが、宇部ではお金を掛けなくても自然体験や多世代交流ができる。小倉や博多に車で出掛けられる距離だし、空港も近いので都会に遊びに行くのも便利。宇部から一度離れて生活することはいいと思うが、将来帰ってきたいと思えるような地域になってほしいし、していきたい」と語った。

宇部日報2020年2月14日掲載
写真提供:宇部日報社

かゆい所に手が届く環境 引っ越し繰り返したどり着く

画像:名古屋出身、Iターン 中川 みず絵さん

名古屋出身、Iターン
中川 みず絵さん

 愛知県名古屋市出身の中川みず絵さんは、福岡、埼玉、東京、長野などを転々とすること二十数年、宇部へ移住してきて4年がたった。車中泊をしながらの旅行が趣味で「広々とした空の下で暮らしたい」と日本各地で理想の住処(すみか)を探し続けてきた。旅のような人生の先にたどり着いた宇部で、悠々自適な第二の人生を謳歌(おうか)している。

 30歳の頃に故郷を離れ、一人で子育てをしながら場所を選ばないライターや編集の仕事をこなしてきた。都会の高層マンションから八ヶ岳山麓の別荘地、地方都市まで、さまざまな地での生活を経験。穏やかな田舎の不便さや、便利な都会の窮屈感、それぞれの一長一短を感じながら3、4年ごとに移住を繰り返してきた。

 大阪出身で、宇部在住歴30年以上になる夫と出会い、縁のなかった宇部での暮らしがスタート。未知の街に不安はあったが、港町の景色はすぐに気に入った。今まで住んだどのまちよりもスムーズでレベルの高い医療体制にも驚いたが、特にありがたかったのは、移住者が生活に挫折する原因になる地域特有の窮屈さがないという魅力。定住はしても旅をするように暮らしたいという思いは変わらなかったが、飛行機を使って東京へ行く、車で地方都市に向かうのも簡単で、実際に出掛けることがなくても「いつでも外に出られる」という安心感は大きかった。「心身共に落ち着く材料がそろっていて、精神的にバランスの取れるまち」と住み心地の良さには太鼓判を押す。

 瀬戸内の適度に温暖な気候は、趣味の金魚を飼うにも抜群の環境。新しいことを始めたいと日本画が習える場所を探したときも、すぐ身近に講師を見つけられたりと、何気ないときにかゆい所に手が届く環境にも助けられているという。

 休日にはキャンピングカーで夫婦2人、九州や四国一周などにも出掛ける。「子育ても終わり、ずっと挑戦したかった趣味を全力でするためのスタートラインに立ったところ。意外にも、そのための条件が宇部にはそろっていた。自身の幸せに対して貪欲に、いろんなことにチャレンジしていきたい」と語った。

宇部日報2020年2月15日掲載
写真提供:宇部日報社

落ち着かない都会暮らし 車の趣味復活、義父母も支え

画像:大阪から「嫁ターン」 尾藤 輝行さん

大阪から「嫁ターン」
尾藤 輝行さん

 福岡県北九州市出身の尾藤輝行さんは、関西の企業に勤めていたが、結婚を機に妻・愛美さんの故郷に移り住んだ。このようなケースは「嫁ターン」とも呼ばれる。輝行さんにとっても、宇部は山口大工学部在学時に3年間暮らした地だったため、移住場所を考える際にイメージが湧きやすかった。

 大学卒業後は、大阪市にある電気設備施工管理会社に就職。電気工事士の資格を生かし、作業員や工程を管理する現場監督として働いた。しかし、あまりにも忙しすぎ、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)に不満を抱えていた。

 作業現場が隣県だった時、移動だけで片道3時間を要した。往復で1日6時間。朝5時に家を出て、日付が変わってから帰宅する生活が一時期続いた。休日出勤も多く、プライベートを充実する時間は取れなかった。 都会の慌ただしさも肌に合わなかった。人が歩くスピードも速く、落ち着かない。就職して約一年半がたった頃、「自分にとって、暮らし続ける場所ではないな。」そう感じた。

 愛美さんとの結婚を考えていた時期でもあった。移住先は、生まれ故郷と宇部とで悩んだが、愛美さんの家族が住み、自分にも学生時代からの知り合いがたくさんいる宇部を選択。転職先は、知人から紹介してもらった浜町二丁目の野村工電社に決まり、2014年春に移住してきた。

 あれからもうすぐ丸6年。宇部の住み心地は「車が無いと困るが、田舎というほどではなく、日常生活に不便はない。産業は発展し、交通の便もよく、住みやすい」と評価。「移住は大正解だった」と語る。

 現在は、会社の近くに住居を構えて生活。移住前と比べると仕事の拘束時間は減り、5歳の一人息子と遊んだり、家事を手伝ったりする時間は十分に取れている。維持管理費が高くて大阪時代に手放していた趣味の車は、運転はもちろん、カスタマイズも楽しんでいる。愛美さんの両親が近くに住んでおり、精神的に心強い。自分の実家に顔を出す機会も増えた。「大阪時代と比べて、生活スタイルが大きく変わった」と充実感でいっぱいだ。

「都会にも地方に住みたいと思っている若い人はたくさんいる」と言う。自身の経験から、転職は心身にかなり負担がかかるため、「行政だけでなく、企業の支援策があると、考えている人にとっては動きやすい。情報も積極的に発信してほしい」と提案する。

宇部日報2020年2月18日掲載
写真提供:宇部日報社

海のある町に住みたい 身近に貼り絵の題材、頼れる人の輪

画像:京都から母の故郷に 藤井 蓮さん

京都から母の故郷に
藤井 蓮さん

 京都市出身の貼り絵作家、藤井蓮さん。昨年11月、40歳の人生節目の年にと、京都中心街の家から宇部市大小路の平屋に住まいを移した。自然に囲まれた穏やかな暮らしの中で、インスピレーションを得ながら創作活動に打ち込んでいる。以前の住まいは京都市中京区の、城郭や寺院が立ち並ぶ観光地の中にあった。日本画家を父に、ニット作家を母に持ち、自身も15年ほど前から貼り絵作家として東京や地方で個展を開いて活躍。作品と共に全国を巡る中で「一度海のある町に住んでみたい」という思いが芽生えたのが移住のきっかけだった。

 宇部は、母・ゆみさんの生まれ故郷でもある。現在市内に親類は住んでいないが、新天町一丁目のギャラリー「ギャラクシーふくなが」であった母の個展に貼り絵を出展したことから新しい縁が生まれた。2007年には、同ギャラリーで作家として初の個展デビュー。目をかけてくれたギャラリー店主の福永繋さん、洋子さん夫妻や、隔年の個展で出会うなじみのお客さんなど、頼れる人の輪があったことを決め手に、全国各地の候補地の中から宇部を選んだ。

 移住にあたっても福永さんが相談に乗り、知り合いのつてで理想的な借家にも出会えた。藤井さんの貼り絵は、身近な動植物から着想して作り出す。木々に囲まれ、鳥が鳴き、豊富な草花が生える庭がある家は、まさに題材の宝庫。網戸に止まる虫や、窓から見える梅の木など、目に入る面白いものをすぐスケッチし、次々と作品を生み出していく。

 和室や広々とした部屋があり、自分の大きな作品を飾れるのも都会暮らしにはなかった魅力の一つ。少しバイクで走れば市街地に出ることができる利便性の高さを併せ持ち、田舎すぎない理想的な住み心地の良さを感じているという。

「穏やかな人々や自然との触れ合いが、作品に奥行きと説得力を持たせてくれている。いろんな縁に恵まれ、静かな環境で目いっぱい活動できて幸せ。本当にぜいたくな日々を過ごしている。」と語る藤井さん。7月には、同ギャラリーで個展を予定しており、新作制作に向けて日々構想を練っている。

宇部日報2020年2月19日掲載
写真提供:宇部日報社

「道が広い」「空が広い」 余生を穏やかに過ごすため

画像:東京からIターン 上谷 まみさん

東京からIターン
上谷 まみさん

 東京・渋谷で生まれ育った上谷まみさんは、2018年10月、余生を穏やかに過ごす場所として、縁もゆかりも無い宇部にやってきた。移住して1年4ヵ月。週5回、子どもたちに英会話を教えながら、おおらかな暮らしを満喫中だ。

 移住先に宇部を選んだのは偶然だった。旅と空港が大好きで、ふと山口県を訪ねてみようと、山口宇部空港に降り立ったのが17年の初冬。ときわ動物園を巡り、市内のホテルに一泊した。

 宇部の第一印象は「道が広い」「空が広い」、そして「人がいない」。ずっと東京で過ごしてきた上谷さんにとって、開放的で過ごしやすい空間に感じられた。この時、直感的に余生を過ごすならここだと思ったという。

 そこからの行動は早かった。東京・有楽町の「ふるさと回帰支援センター」を訪ねて相談。山口県出身者の会を紹介してもらって参加し、県人の気質も研究した。

 息子の大学入学が決まり、18年3月に宇部市のお試し住宅を利用し、市の担当者を通じて移住前の心構えをしっかり相談できたことが、移住の大きな決め手となった。また、お試し住宅滞在中に、市の担当者から市内をくまなく案内してもらったことで、地域への理解も深まった。さらに、子どもと関わる仕事という希望に合った、今の職場が早く決まったのも移住を進める上で大きかったと振り返る。

 目下の困り事は、かかりつけの医者をどこにするかということ。医院の数は市の規模にしてはかなり多いと感じているが、見知らぬ土地だけに慎重になっているという。

 最も気に入っているのは、精神的余裕を持って過ごせる生活環境。英会話を教えている子どもの元気さ、周りの人の優しさは、自らの幼少時代の生活環境と重なる部分が多く、安心して暮らせている。「東京では、常に何か・誰かと闘っているような張り詰めた環境に接しており、ストレスを抱えていたのだと思う。今はそれがないし、宇部の人はいい意味で無防備で過ごしやすい」と語る。

 移住にあたり、運転免許を取得したものの、通勤は電車とバスを利用。都会と違い公共交通機関の本数は少ないが、必ず座れるので、不便さも感じていない。「遊びでは車の必要性を感じるが、普段はいらない。逆に宇部に来てから、徒歩で行ける距離でも車を使うくらい、みんな歩かないことに驚いた」と笑う。

 大好きな魚介類はおいしいし、関東との食文化の違いも楽しんでいる上谷さん。宇部での快適な暮らしをやめるつもりは毛頭ない。「とにかく住んでみたら分かるよ」。なぜ宇部にと聞く友達にはこう答えている。

宇部日報2020年2月20日掲載
写真提供:宇部日報社