夢をかなえるために選んだのが、うべでした。

画像:川出さん、村上さん

「ときわ動物園」飼育員
★ 埼玉県出身:川出 比香里さん(写真右)
★ 愛媛県出身:村上 郁さん(写真左)

動物園で働きたいという、共通の想いをもち、「ときわ動物園」の飼育員になった同期の川出さんと村上さん。全国の動物園での採用情報を調べるなか、平成27年リニューアルオープンするときわ動物園にそれぞれがたどり着き、出会った。多くの緑の中で、動物の生態をそのまま見せる生息環境展示という動物園の新たな試みに惹かれ、移住というチャレンジをした2人。川出さんと村上さんの2人は、入社からの3年間をこう振り返る。「大学で勉強してきたエリートの村上さんには負けないように頑張ろう!」。「大きな動物園での仕事を経験している川出さんに負けないように頑張ろう!」。互いに高め合い歩んだ3年間だった。ときわ動物園は平成27年3月にリニューアルオープンを迎え忙しく大変な時期。「地元を離れ、友達もいない中で、お互いの存在と、宇部の人の温かさ、優しさが精神的な支えになった」。2人は顔を見合わせる。「母親は私が宇部で就職、宇部に移住することに不安を感じていたようですが宇部に来たとき、買い物も便利だし、道も綺麗だし、自然もたくさんあって、

画像:猿の親子

とても暮らしやすそうなところだと安心していました」。と川出さん。動物好きは仕事だけにとどまらず、休日には、野生動物を見るために山間部へ。「市街地から山間部まで車ですぐ。住むにも自然に触れ合うにもとても良い環境で、最近は、野生動物の足跡を探しに行くのが楽しみなんです」。村上さんは「ときわ動物園には、チャレンジできる環境がある。通常、新人では任せてもらえないようなことまで、色々と経験させてもらい、とても感謝しています」。と充実した笑みを見せる。また、休日には、ウオーキングや自然の中で体を動かしている。「ときわ公園をはじめ、スポーツや健康づくりを行う環境が整っていますから」。夢と希望を持ち、新たな人生を宇部でスタートさせた2人。これからも、チャレンジできる環境を生かし、夢に向かって進んでいきたいと2人の瞳は、優しく力強く動物たちを見つめている。