空気がよく、空はとても広い。 のびのびとゆとりを持って暮らせます。

五十崎さんご家族

★ 福岡県出身:五十崎 良さん

★ 礼さん、湊ちゃん、樹ちゃん

大都会の真ん中、東京都品川区に住んでいた五十崎さん。Uターンのきっかけは、子どもが産まれたこと。より良い環境で子育てしたいと思い、良さんの生まれ育った宇部市への移住を決めた。「結婚して子どもが生まれて、こんな大都会の真ん中に住むのはどうかなあ、私の理想像とは違うなあと考えていたんです。 周りはビルだらけ、家もあまり広くなく子どもが開放的に遊べる場所も少ない。妻の実家の八王子市に住もうかとも考えていたのですが、そこから都心の職場まで通勤に片道2時間半もかかります。通勤時間だけで4時間はもったいない。仕事にも家庭にも全力投球したいと思っていましたので、思い切って私の実家のある宇部市に帰ることにしました。」 東京からIターンして宇部での生活を始めた礼さん。「宇部に住んでみて感じたのは、思っていたほど田舎ではなく、暮らしやすいちようど良い街ということです。特に子育てにはとてもいい所だと思います。空気がよく、空はとても広く、近くに野原や広い公園もありますしね。中でもときわ公園は家族全員のお気に入りの場所です。

こんなレジャー施設が日常的に利用できるのも宇部暮らしの魅力の一つですね。そして、物価が安いのもとても大きいですね。特に家賃は、品川では2DKの住まいで13〜15万円はしますが、こちらでは4LDKや、庭付き一戸建てでも7〜8万円ぐらいで借りられます。駐車場だって向こうでは車1台に月3〜5万円かかるのに、こちらでは5千円くらいで済みます。広い家で、家族でゆとりを持ってのびのびと暮らせます。確実に宇部に来てストレスは減っていますね。」宇部に知人のいない妻が交友関係や仕事でうまくやっていけるかが不安だったという良さん。そんな良さんの心配をよそに礼さんは地域の子育てサークルで友だちもでき、今では宇部出身の良さんよりも 友だちが多いのだと。 現在は郵便局長として働く良さん。地域の人々に愛される郵便局を目指して日々頑張っている。これからは子育て世代が楽しめるまちづくりにも貢献していきたいと考えているそうだ。「宇部を、帰って来たくなるまちにしたい。」そんな未来を語ってくれた五十崎さん。これからの宇部に新しい風を吹き込んでくれる様な活力に満ちた優しい笑顔だった

おいでませ!うべ移住・定住サポートセンター (宇部市 政策企画グループ内)

〒755-8601宇部市常盤町一丁目7番1号

TEL0836-34-8480

FAX0836-22-6008